×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トレンチコートといえばバーバリーな訳

トレンチコートというと、バーバリーに限らず「ベロ」がついています。両肩にも、襟元にも、袖周りにも。それがトレンチコートの特徴だといってもいいでしょう。それぞれに役目があって、飾りのように見えて、実はそれぞれがちゃんと機能しているのです。襟と袖まわりは寒風が吹き込まないように絞ることができます。

トレンチコートの肩は「軍の肩章」が筒状に作られていますので、そのままスポッとはめ込めるようにデザインされました。元々はイギリスの軍服であったことから、水筒や銃のストラップをかませることもできます。

トレンチコート・ベルトの結び方」は、格好よくおしゃれを決めたい人には興味のある話題だと思います。しかし、このベルト、実はどのように結んでも、トレンチコートの型を守り、腰から上の防寒に果たす役割は、少しも損なわれないのです。イギリスの軍人は、塹壕(トレンチ)の中で、雨や風に耐えながらも、じっと敵の出方を待てたと言うわけです。

トレンチコートバーバリーの代名詞になってしまいました。トレンチコート老舗は、アカスキュータム社なのですが、いつのまにか、バーバリーの陰に見えなくなってしまいました。

そもそもトレンチコートに使われているギャバジンを発案したのは、トーマス・バーバリーですが、そのギャバジンの特許と製造権をバーバリーが取得して、独占的にトレンチコートを製造・販売したことが今の成功につながっています。

トレンチコートの表地だけがバーバリー由来ではありません。あのバーバリーチェック柄も、もとはといえば、トレンチコートのライナー(内布)としてデザインされたものなのです。

軍からの大量のトレンチコート生産を受注し、戦後の映画内ではトレンチコートを着る名優が広告塔を務めてくれたおかげで、世界的にも「トレンチコートといえばバーバリー」というイメージが打ち立てられました。

バーバリートレンチコートの人気の秘密

トレンチコートと言えばバーバリーバーバリーと言えばトレンチコートといった感がありますが、バーバリートレンチコートの人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

そのデザイン?防水性などの機能性? トレンチコートの素材にも注目したいですね。バーバリートレンチコートには、バーバリー社が開発したコットンギャバンが使われていますが、この素材は防水性が高いことで知られています。雨に濡れてもべちょべちょにはならないんですね。

人気の秘密として欠かせないのが、バーバリートレンチコートの手軽さ。 ウールコートように厚みが無く、持ち歩いても軽くてカサにならない。

また、バーバリートレンチコートには耐久性もあります。10年間、毎シーズン着ても大丈夫です。バーバリートレンチコートの古着が高値で取引されていることからも、長期の使用に耐えるコートだということが実証されています。バーバリートレンチコートを父親から譲り受けてきているというような人も少なくありません。

本当のところ、バーバリートレンチコートの真の魅力は、それを長い間着用したことのある人にしか分からないのではないでしょうか。

トレンチコート(trench coat)について

トレンチコートの意味をご存知ですか?Trench Coatのtrenchは、「溝、塹壕(ざんごう)」の意味です。
第一次世界大戦中塹壕にこもって、陣中生活を送る陸軍将兵のために英国で開発されたのが起源です。トレンチコートは、もともと欧州大陸戦線でこう着状態の持久戦になり、露天の塹壕生活を余儀なくされた兵士たちが考え出したいわば「アイディア服」でした。
防水した緻密な織りの生地が使われ、背肩をケープバック(背布)で二重にし、肩にエポレット(肩章)、首元にストームストラップ(雨蓋)、アルスターカラー(折り立て襟)などで構成し、両前合わせ(ダブル)、ラグランスリーブで大きなポケットを付け、袖先を紐で絞ることができ、ウエストには手投げ弾や水筒をぶら下げるD型のリングがある・・・・といった、極めて機能性に富んだ軍用コートだったのです。
このような起源から、その後、トレンチコートは、様々な要素を取り入れて性能を上げた実用的なファッションとなり、日本では、背広やスーツ上、またはトラディショナルファッションの冬の定番となっています。トレンチコートは実用性が高く、ファッション性に優れることから、1930年代以降、世界的に、男性の冬のファッションとして定番の一つとなりました。トレンチコートは、俳優のハンフリー・ボガートやアラン・ラッドなどが映画の中で着用したことでより人気が高まり、「ハードボイルド」というイメージをトレンチコートに植え付けることになりました。
しかし、女優オードリーヘップバーンが全盛期に愛用したように、現在では、レディース用トレンチコートも多彩な製品があり、女性にも大変人気のコートのひとつにもなっています。

ブラックレーベル・ブルーレーベルのトレンチコート

バーバリーのトレンチコートは非常に高価だという印象が強いかもしれません。
ユーズドの商品でも15万円したりで驚きです。バーバリーは、古くからあるイギリスの高級ブランドだからしようがないですね。でも、日本人でバーバリーが好きだという方は非常に多いんです。あなたの好きなブランドは?というアンケートでは、必ずベスト5に入ります。そこでもっとリーズナブルにバーバリーを着用したいというニーズに応えたのが、バーバリーと提携して編み出した、三陽商会のオリジナルブランド、ブラックレーベルブルーレーベルです。
ブラックレーベルは、主に、30代のビジネスマンをターゲットに、ブルーレーベルは20代の女性をターゲットにしています。お値段も本家バーバリーよりもリーズナブルです。

Copyright © 2008 バーバリー コート